トピックス

コラムシリーズ(サッカーの核心テーマ
「The Core Column」(全リスト)

(これまでのオレ)
「My Biography」(全リスト)

The Core Column(58)_真のバランス感覚(ミハイロ解任も含めて・・)・・(2017年7月30日、日曜日)

My Biography(64)_日常のエピソード・・一人旅(その3)・・(2017年3月13日、月曜日)

The Core Column(57)_勝負は、目立たない小さなトコロで決まる・・イメージング能力と意志こそが(その2)・・(2017年1月30日、月曜日)

My Biography(63)_日常のエピソード・・一人旅(その2)・・(2017年2月9日、木曜日)

主な著書&原作ビデオ(DVD) 「サッカー戦術の仕組み」「日本人はなぜシュートを打たないのか?」「The 対談」シリーズ


最新の「トピックスコラム」と「Jリーグコラム」です

最新「トピックス」コラム
2017年以前のコラムは、ここをクリック・・

最新「Jリーグ」コラム
(バックナンバーは
「Jワンポイント」コーナー参照)

2018_WM雑感の11(最終回)・・ディスプレイ観戦について・・また軽く、この30日間を、サッカー的に振り返ります・・(2018年7月17日、火曜日)

2018_J1_第16節・・やっぱりオズワルド・オリヴェイラは、本物のストロングハンドだ・・(レッズvsグランパス、3-1)・・(2018年7月18日、水曜日)

2018_WM雑感の10・・早く忘れさりたいウィナーと、記憶に留めおきたいルーザー・・(2018年7月16日、月曜日)

2018_J1_第15節・・組織サッカーがスーパーレベルまで進化しているフロンターレだからこそ、より尖った本物ドリブラー養成トレーニングにも取り組める!?・・(フロンターレvsエスパルス、3-0)・・(2018年5月20日、日曜日)

2018_WMの40(決勝)・・まあ・・仕方ない・・(フランスvsクロアチア、4-2)・・(2018年7月15日、日曜日)

2018_J1_第15節・・ベルマーレというチーム全体にとって、この勝利が内包する心理・精神的なコノテーション(言外に含蓄される意味)は、とても広く、深い・・(ベルマーレvsジュビロ、1-0)・・(2018年5月19日、土曜日)

2018_WMの39(3位決定戦)・・よかった・・明るい未来につながる積極的な攻撃サッカーが存在感を発揮してくれた・・(イングランドvsベルギー、0-2)・・(2018年7月14日、土曜日)

2018_J1_第14節・・コンサドーレの活躍よって、札幌(ひいては北海道全土!?)に本物のサッカー文化が根付いていく!?・・(FC東京vsコンサドーレ、0-0)・・(2018年5月13日、日曜日)

2018_WM雑感の9・・そう、笑顔で(誠実に!)接すれば、「あの」冷めたロシア人だって、自然に心を開いてくれる(心から微笑んでくれる!?)モノなんだよ・・(2018年7月13日、金曜日)

2018_J1_第14節・・高みで安定する積極的な攻撃サッカーを魅せたポステコグルー・マリノスに乾杯!!・・(マリノスvsガンバ、1-1)・・(2018年5月12日、土曜日)

ピックアップコラム

2011_東北地方太平洋沖地震で被災された方々へ・・心よりお見舞い申し上げます(2011年3月13日)
2012_バルセロナの組織サッカー(スペースパスと足許パス)・・(2012年10月3日)
2008_こんな文章をプリントメディアで発表しました・・世界選抜クラブ(経済主導サッカー)の功罪・・(2008年12月8日、月曜日)

2008_こんな文章をプリントメディアで発表しました・・二面性パーソナリティー!?・・(2008年12月3日、水曜日)
2008_日本代表チームについての雑感・・守備意識こそが生命線・・才能に恵まれているからこそ・・(2008年11月18日、火曜日)
ここで一度、「ドイツ」というテーマをまとめておこうと思います・・(2004年1月15日、木曜日)
フラットライン守備システムを語り合いましょう・・(2001年9月)

これまでのコラム

2018_WMの38・・ゴールという究極のモティベーションと、それによるクロアチアの意志の高揚・・そう「ゲーム内容の変容」というテーマだね・・(イングランドvsクロアチア、1-1, 延長=0-1)・・(2018年7月11日、水曜日)

2018_WM雑感の8・・サンクトペテルブルクからモスクワまでの、ネガポジ満載のスーパーな情緒の揺動!?・・へへっ・・(2018年7月11日、水曜日)

2018_WMの37・・なんか、長くて中途半端なコラムになってしまったけれど・・やっぱりベルギーが負けてしまって残念至極の筆者なのですよ・・(フランスvsベルギー、1-0)・・(2018年7月10日、火曜日)

2018_WM雑感の7・・1998年の「トピックス倉庫」に収められているコラムを読み返している・・自分で言うのもなんですが・・稚拙な文章であるにもかかわらず面白い・・へへっ・・(2018年7月8日、日曜日)

2018_WMの36・・ホントにすごい一発勝負マッチだった・・両チームに対しては、畏敬と感謝の念しかない・・(ロシアvsクロアチア、2-2, PK=3-4)・・(2018年7月7日、土曜日)

2018_WMの35・・最後はチカラの差を魅せつけて完勝したイングランド・・彼らは、このまま2度目のタイトルを獲得するのか??・・(イングランドvsスウェーデン、2-0)・・(2018年7月7日、土曜日)

2018_WMの34・・あ〜あ、実力No.1のブラジルも消えてしまった・・(ブラジルvsベルギー、1-2)・・(2018年7月6日、金曜日)

2018_WMの33・・典型的なトーナメント勝負マッチ・・フリーキック一発で、実力が上のフランスが実質的な勝利を決めた・・(フランスvsウルグアイ、 2-0)・・(2018年7月6日、金曜日)

2018_WM雑感の5・・西野ジャパン(西野朗)に対する敬意と感謝・・そして、カウンターピンチへの正しい対処というテーマへ・・(2018年7月3日、火曜日)

2018_WM の30・・西野ジャパンは、決して「受け身に引く」ことのない攻撃サッカーを最後の最後までやり抜いた・・そこには、日本サッカーの進むべきベクトルが示 唆されていた・・敬意と感謝を捧げる・・(日本vsベルギー、 2-3)・・(2018年7月2日、月曜日)

2018_WM雑感の4・・西野朗の選択・・(2018年6月29日、金曜日)

2018_WM雑感の6・・前言撤回〜!・・実は、W杯は盛り上がっている!?・・また、筆者の「オフ」の景色・・(2018年7月4日、水曜日)

2018_WMの32・・まあ、実力的に少し上回る(そして人気も抜群の!)イングランドが準々決勝へ進んだコトで少し安心していた筆者でした・・(イングランドvsコロンビア、 1-1, PK戦=4-3)・・(2018年7月3日、火曜日)

2018_WMの31・・わたしは、スウェーデンの(古き良き時代を彷彿させる!?)オーソドックスなサッカーに舌鼓を打っていたよ・・(スイスvsスウェーデン、 0-1)・・(2018年7月3日、火曜日)

2018_WMの29・・「リスキーな美しさ」と「質実剛健な勝負強さ」を、状況によって使い分けられるスーパーなブラジル!?・・(ブラジルvsメキシコ、 2-0)・・(2018年7月2日、月曜日)

2018_WMの28・・大会を代表する実力チーム、クロアチアが勝ち進んだことで、基本ハッピーだったのですが・・(クロアチアvsデンマーク、 1-1, PK戦=3-2)・・(2018年7月1日、日曜日)

2018_WMの27・・一発勝負の常だけれど、とても落胆した・・だから、高質サッカーの担い手の一角として、今度はクロアチアに出てきてもらいたいと期待していいる筆者なのだ・・(スペインvsロシア、 1-1, PK戦=3-4)・・(2018年7月1日、日曜日)

2018_WMの26・・ウルグアイが魅せつづける「勝負強さ」は、大会No.1 !?・・(ウルグアイvsポルトガル、 2-1)・・(2018年6月30日、土曜日)

2018_WMの25・・ノックアウト1回戦・・この試合でも、「組織と個のバランス」というテーマに思いを馳せていた・・(フランスvsアルゼンチン、 4-3)・・(2018年6月30日、土曜日)

2018_WMの24・・若手主体の両チームともに、完璧にフッ切れた攻撃サッカーをブチかまし合った・・堪能した・・そして西野ジャパンとの絡みでも一言・・(イングランドvsベルギー、 0-1)・・(2018年6月28日、木曜日)

2018_WMの23・・歴史上、初のフェアプレー賞!?・・とにかく、日本サッカーにとって最高の結果を出した西野朗への敬意と感謝しかないよね・・(日本vsポーランド、 0-1)・・(2018年6月28日、木曜日)

2018_WMの22・・ボールをこねくり回すブラジル・・でも、そのなかから唐突に、決定的タテスルーパスも飛び出してくる・・変幻自在なブラジル!?・・(ブラジルvsセルビア、 0-2)・・(2018年6月27日、水曜日)

2018_WMの21・・内容的には、まさにロジカルな敗戦ではありました・・また、そんな不調のドイツを観ながら、またまた西野ジャパンに対して(ポジティブに!)思うところが出てきたんだ・・(ドイツvs韓国、 0-2)・・(2018年6月27日、水曜日)

2018_WMの20・・サッカーの内容は別にして、やっぱりスーパースターをまた観られることでハッピーだった筆者なのだ・・(アルゼンチンvsナイジェリア、 2-1)・・(2018年6月26日、火曜日)

2018_WMの19・・「できれば・・」ってなマインドが、サッカーの「特別な価値」を崩壊させる・・そこから、西野ジャパンにまでハナシを膨らませてしまった〜・・(フランスvsデンマーク、 0-0)・・(2018年6月26日、火曜日)

2018_WMの18・・国際化と情報化によって、世界の「差」は、着実に縮まりつづけている・・その事実を再認識できてハッピーだった・・(ポルトガルvsイラン、 1-1)・・(2018年6月25日、月曜日)

2018_WMの17・・ウルグアイの貫禄勝ち・・そんなゲームを観ながら、両チームの「差の本質」に思いを巡らせていた・・(ロシアvsウルグアイ、 0-3)・・(2018年6月25日、月曜日)

2018_WM雑感の3・・民泊マンション周辺環境と、ルジニキ・スタジアム・・(2018年6月25日、月曜日)

2018_WMの16・・ここでは、グループリーク最終マッチを中心にディスカッションしま〜す・・(コロンビアvsポーランド、 3-0)・・(2018年6月24日、日曜日)

2018_WMの15・・同じサッカー人として、西野ジャパン(西野朗)には、敬意と感謝しかない・・(日本vsセネガル、 2-2)・・(2018年6月24日、日曜日)

2018_WMの14・・イングランド攻撃のコノテーション(言外に含蓄される意味)には課題が満載だけれど、勝負という視点では、やはり強いよね・・(イングランドvsパナマ、 6-1)・・(2018年6月24日、日曜日)

2018_WMの13・・情緒にまかせ、ゲームと同時並行でキーボードを叩きつづけていた筆者でした・・そして最後の歓喜・・でも心の底から疲れた〜・・(ドイツvsスウェーデン、 2-1)・・(2018年6月23日、土曜日)

2018_WMの12・・韓国は、十分に「世界舞台でのミッション」を達成したと思うよ・・(韓国vsメキシコ、 1-2)・・(2018年6月23日、土曜日)

2018_WMの11・・眼前でブチかまされる肉弾戦を観ながら、攻守ハードワークの何たるかと、チーム内のフェアな競争環境整備の難しさに思いを馳せていたっけ・・(ベルギーvsチュニジア、 5-2)・・(2018年6月23日、土曜日)

2018_WMの10・・小まわりの効く「パワフルでテクニカルな装甲車」同士のぶつかり合い!?・・(セルビアvsスイス、 1-2)・・(2018年6月22日、金曜日)

2018_WMの9・・あらら〜っ・・「あの」強いアイスランドが、一発のカウンターに沈められてしまった・・(ナイジェリアvsアイスランド、 2-0)・・(2018年6月22日、金曜日)

2018_WMの8・・後半になってやっと、ブラジル本来の美しく強いサッカーが甦ってきた!?・・(ブラジルvsコスタリカ、 2-0)・・(2018年6月22日、金曜日)

2018_WMの7・・オーストラリア、フランス、アルヘンティーナについて、思うところを短くまとめました・・(2018年6月21日、木曜日)

2018_WMの6・・素晴らしい攻撃サッカーをブチかましたモロッコ・・でも、ローマは一日にして成らず!?・・(ポルトガルvsモロッコ、1-0)・・(2018年6月20日、水曜日)

2018_WMの5・・本番だからこそ、西野朗の「本質的な志向ベクトル」が明確に見えてきた・・(コロンビアvs日本、1-2)・・(2018年6月19日、火曜日)

2018_WM雑感の2・・さて、サランスク・・そして、異文化接点としてのサッカーという視点・・(2018年6月19日、火曜日)

2018_WMの4・・韓国が魅せつづけた極限の闘う意志の炸裂に、乾杯!!・・(スウェーデンvs韓国、1-0)・・(2018年6月18日、月曜日)

2018_WM雑感の1・・これからは、日記的なコラムも、ゲームと平行してアップしていくつもりで〜す・・(2018年6月18日、月曜日)

2018_WMの3・・まあ、機会と脅威は表裏一体だから・・また、ブラジル対スイスもちょっとだけ・・(ドイツvsメキシコ、0-1)・・(2018年6月18日、月曜日)

2018_WMの2・・面白かったネ〜・・傾向としての、「ポゼッションサッカー」対「カウンターサッカー」・・(スペインvsポルトガル、3-3)・・(2018年6月16日、土曜日)

2018_WMの1・・開幕戦・・よかった・・新たな「ネガティブ歴史」が刻まれなくて・・(ロシアvsサウジ、5-0)・・(2018年6月12日、火曜日)

2018_日本代表・・西野朗は、(先日のスイス戦で先発した!?)メンバーに欠けている「何か」をデモンストレートした!?・・(日本vsパラグアイ、4-2)・・(2018年6月12日、火曜日)

2018_ルヴァンカップ・・さて、ここからが、名将オズワルド・オリヴェイラが秘める「ストロングハンド」の見せ所だ・・(レッズvsヴァンフォーレ、2-1)・・(2018年6月9日、土曜日)

2018_日本代表・・「ソリッド」と「爆発」の、エッジが効いたメリハリっちゅうテーマ・・何せ、日本の唯一のW杯ミッションは、世界に「ヘ〜〜ッ!?」っちゅう印象を残すことだからサ・・(スイスvs日本、2-0)・・(2018年6月9日、土曜日)

2018_天皇杯・・レッズにとって、とても価値ある学習機会ではあった・・(レッズvsYSCC、3-0)・・(2018年6月6日、水曜日)

2018_ルヴァンカップ・・連チャン観戦・・チト疲れた・・でも興味深いテーマは見つけたよ・・(マリノスvsヴィッセル、4-2)&(ベルマーレvsベガルタ、3-0)・・(2018年6月2日、土曜日)

2018_J3・・YSCC樋口靖洋監督も、とても良い仕事をしている・・来週水曜日のレッズとの天皇杯が楽しみだ〜!・・(YSCCvsザスパクサツ群馬、0-0)・・(2018年6月1日、金曜日)

2018_日本代表トレーニングマッチ・・ちょっとガッカリしながらも、様々なテーマをピックアップしましたよ・・(日本vsガーナ、0-2)・・(2018年5月30日、水曜日)

2018_ルヴァンカップ・・城福浩とオズワルド・オリヴェイラに(そして大岩剛にも!!)、乾杯!!・・(レッズvsサンフレッチェ、1-0)・・(2018年5月16日、水曜日)

2018_ACL・・何か、「堅牢だけれどアグレッシブな守備ブロック」というテーマに、アタマが支配されてしまった・・(アントラーズvs上海、3-1)・・(2018年5月9日、水曜日)

2018_「J」の雑感(その3)・・レッズ監督オズワルド・オリヴェイラ「も」、理想と現実の狭間で、より「理想方向」へ近づいていくように「バランスを執っている」と感じる・・(2018年5月7日、月曜日)

2018_J2_第12節・・町田ゼルビアの、勇気あふれるダイナミック攻撃サッカーに、乾杯っ!!・・(ヴェルディvs町田、1-4)・・(2018年5月3日、木曜日)

2018_石井義信さん、心からご冥福をお祈り申し上げます・・(2018年4月28日、土曜日)

2018_女子アジアカップ決勝・・(またまた!)やった〜〜っ!!・・オメデトウ、高倉なでしこ〜〜!!・・(オーストラリアvsなでしこ、0-1)・・(2018年4月21日、土曜日)

2018_ルヴァンカップ・・前半と後半で、まったく別ものゲームになった・・何で??・・(FC東京vsマリノス、2-2)・・(2018年4月18日、水曜日)

2018_女子アジアカップ・・よ〜〜しっ!!・・やっぱり、守備こそが全てのスタートラインなんだよ・・(中国vsなでしこ、1-3)・・(2018年4月18日、水曜日)

2018_女子アジアカップ・・やった〜〜っ!!・・オメデトウ、高倉なでしこ!!・・(オーストラリアvsなでしこ、1-1)・・(2018年4月13日、金曜日)

2018_「J」の雑感(その2)・・レッズ大槻毅さんは、良い仕事をしている・・サッカーは究極の心理ゲーム・・(2018年4月13日、金曜日)

2018_女子アジアカップ・・ゲームの流れの揺動が、とても興味深かった・・とにかく「なでしこ」には、勇気あふれるリスクチャレンジを期待したい・・(韓国vsなでしこ、0-0)・・(2018年4月10日、火曜日)

2018_ACL・・サッカーの戦術的内容はとてもよかったけれど、結局は、攻守での最終勝負シーンにおける「意志の内実」でうっちゃられてしまった!?・・(レイソルvsチョンブク、0-2)・・(2018年4月4日、水曜日)

2017_日本代表トレーニングマッチ・・今回の欧州遠征は、最高の「学習機会」になった・・人はネガティブな出来事からの方が多くを学べるからね・・(日本vsウクライナ、1-2)・・(2018年3月27日、火曜日)

2018_日本代表トレーニングマッチ・・W杯で対戦する相手が、世界の超一流だからこそ!・・(日本vsマリ、1-1)・・(2018年3月23日、金曜日)

2018_「J」の雑感(その1)・・まずはアントラーズのイメチェンから・・(2018年3月8日、木曜日)

2018_ACL・・悔しいネ〜、ホントに・・(フロンターレvsメルボルン、2-2)・・(2018年3月7日、水曜日)

2018_J2_第1節・・前半は寒さが身に染みた・・でも後半は時間を忘れた・・ゴールという刺激こそが・・(ヴェルディvsジェフ、2-1)・・(2018年2月25日、日曜日)

2018_ACL・・またまた、内容と結果の大きな乖離が気持ちを重くする・・(レイソルvs天津、1-1)・・(2018年2月20日、火曜日)

2018_「J」トレーニングマッチ・・ポステコグルー率いるマリノスの衝撃的なイメチェン・・(FCTvsM、1-0)・・(2018年2月17日、土曜日)

2018_ACL・・やっぱり、「フロンターレサッカー」の原動力は、ボールがないところでの人の動きだよね・・(フロンターレvs上海、0-1)・・(2018年2月13日、火曜日)

2018_XEROXスーパーカップ・・セレッソは、どんどんステップアップしている・・ユン・ジョンファンに乾杯!・・(フロンターレvsセレッソ、2-3)・・(2018年2月10日、土曜日)

2018_ACL・・さて本戦・・でも初戦のチョンブクは強いよ〜〜っ!!・・あっ、そのまえに「ちばぎんカップ」があったっけ・・(レイソルvsムアントン、3-0)・・(2018年1月30日、火曜日)

22018_森保ジャパン(U23アジア選手権)・・まあ、「この日のウズベキスタン」じゃ、仕方なかったかも・・(日本vsウズベキスタン、0-4)・・(2018年1月19日、金曜日)

2018_森保ジャパン(U23アジア選手権)・・このゲームでは、不確実なサッカーだからこその微妙な心理メカニズム・・というテーマに思いを馳せた・・(日本vs北朝鮮、3-1)・・(2018年1月16日、火曜日)

2018_森保ジャパン(U23アジア選手権)・・そうそう「こんな」厳しいゲーム体感を積み重ねることでチームは成長していくんだよ・・(日本vsタイ、1-0)・・(2018年1月13日、土曜日)

2018_森保一ジャパン(U23アジア選手権)・・このチームは、大会の勝負マッチを通して大きく進化&深化していくに違いない・・(日本vsパレスチナ、1-0)・・(2018年1月10日、水曜日)

2017_天皇杯、決勝・・ユン・ジョンファンの優れた心理マネージメント・・そしてスーパーな水沼宏太・・(セレッソvsマリノス、2-1)・・(2018年1月1日、月曜日)



「2017年以前」のコラムをお読みになりたい方は、ここをクリック・・



[ トップページ ] [ Jワンポイント ] [湯浅健二です。 ]
[ Jデータベース ] [ 海外情報 ]